12/20(金)勉強会を行いました

今日は、勉強会を行いました!
今回のテーマは《カンボジアの食文化》でした。

クメール料理は、プラホックという発酵した魚のペーストを調味料として用いることで知られています。今回の勉強会では、このプラホックを初めとする調味料の細かな使われ方の違いや、カンボジア最大の湖であるトンレサップ湖の重要性など、新たな発見がたくさんありました♪

 

今年の勉強会は今日で最後でした。
私たちの勉強会に足を運んでくださった方々、ありがとうございました!!
来年も金曜日のお昼休みに勉強会を行っていく予定です!

オークンチュラン(ありがとうございます!)

 

twitter…@OkunChraun
Facebook…学生団体オークンチュラン

【メンバーのつぶやき】

こんにちは、第二回目の【メンバーのつぶやき】です。
今回はあみなかのターンです^^

この頃私の頭の中をぐるぐるしていることをかきますね♪

私は小さいころから音楽が好きでした。とっても。

おととい私の所属する合唱サークルの定期演奏会がありました。
そのあとある先輩がこんなことをおっしゃっていました。

なんで、私は音楽が好きなのか。
音楽を演奏しても、おなかが満たされるわけではないし、形にも残らないし…”

確かにそうだなと思いました。私のような凡人が音楽をやったところで生活していけるわけでもないし、何か形として音楽が残ることもありません。
では、なぜ人は音楽を奏でるのか。
私もその先輩と同じ答えでした。

形にはならないものが、そこに残るから。”

オークンの目指していることもそういうことなんではないかと
私は思いました。(みなさん、違ってたらすいません。)

確かにカンボジアの子供たちに情操教育をすることって、
学校建設のように形に残るものでもなければ、
募金のようにすぐ子供たちの生活を向上することにもつながりません。

情操教育をすることで、想像力が養われ、生きていく力になる。
それは本当にその通りだと思いますし、結果的にそうなっていくことを私も願ってやみません。

でも、私が昨日ステージで得た言葉にできない形のない感情は、私が想像力を養おうと思ってやってることでないし、私が音楽をやっているのも生きていく力のためではないです。

私が単純に心が共鳴するから、気持ちいいからやっていることです。
楽しいから、おもしろいから、好きだからやっていることです。

私はそんな感情を抱く権利が世界中のみんなにあると思っています。
音楽でも、スポーツでも、美術でも、研究でも、何でも。

私はその権利を守りたい。(←生意気)
そんなことを思う今日この頃です。

真面目に書きすぎた…ごめんなさいー!!
でもめずらしく真面目になりたい気分のあみなかでした。

【12/6(金)勉強会を行いました!】

今日は、情操教育についての勉強会を行いました♪
カンボジアの情操教育、また自分たちがこれまで受けてきた情操教育について、発表し、意見を交換しながら考えていきました。
音楽や体育、美術など、それらの情操教育がきっかけとなって趣味や将来の夢になることもあると思います。

私たちが活動の柱としている情操教育についてもう考えることができました。

次回の勉強会は12/20(金)12:20〜  年内最後です!
勉強会といっても堅苦しいものではないので、メンバーでない方もぜひぜひ一度足を運んでみてください!

 

また、来週の12/13(金)には、お茶大で学内イベントを行います!
その名も、『クメール語 de ビンゴ!』
ビンゴを通じてクメール語に触れてみませんか?
参加費は無料です!
また、豪華な景品も用意しています!!!!

時間…12:20〜
場所…共通1号館205

お友達と一緒にぜひぜひ来てくださいね♪

【メンバーのつぶやき】

【メンバーのつぶやき カンボジアの民族衣装】
こんにちは。
今日はカンボジアの民族衣装について少しですが、書きたいと思います!
もともと民族衣装に興味があったので、カンボジアの民族衣装について調べてみました!

まず、カンボジアには、クロマーというギンガムチェックの布があります。これは、首に巻いてスカーフに、頭に巻いて帽子のように、また、水浴びの時にタオル代わりに使ったりと、用途は多様です!カンボジアの人は普段はコットンのものを使用し、よそ行きなどの特別なときにはシルクのものを使っているそうです^^
これは、町中のマーケットでもよく見かけ、お土産としても大人気だそうです!
私たちが今年の夏にカンボジアの小学校を訪れた時も、このクロマーを使ってハンカチ落としのようなカンボジアの遊びをしました♪

都市部では洋装の人が増えているそうですが、地方ではブラウスやシャツにサロン(腰布)という民族衣装の人も多いのだとか。祭礼時には、男性は質の良い織物を腰に巻き、銀の飾りで止めるという装いをし、女性はサンポットという絹の巻きスカートを着用するそうです。
このサンポットもお土産としても人気を博しているそうです。残念ながら私たちは実物をみることができませんでしたが、いつか見てみたいと思っています。

しかし、このような伝統の織物の技術も、ポルポト時代に多くが失われてしまったそうです。現在は残された数少ない知恵と技術を参考にしながらの復興作業が進められているとのことです。

 

私自身も知らないことが多いなあと感じました。
これからも更新していきたいと思いますので、みなさんぜひこのブログもよろしくお願いします!!

ps.画像はサンポットの写真です。とてもきれいですよね!!スクリーンショット 2013-12-04 10.04.53

12/3(火)定期ミーティング!

今日は、定期ミーティングを行いました!
12/13(金)に予定している学内イベントについて話し合いました(^^)
だんだんと詳細も決まってきたので、楽しみにしていてくださいね!

 

【カンボジアの今!】
カンボジアでは、12/1(日)にアンコールワット国際ハーフマラソンというマラソンが行われたそうです!それにはなんと有森裕子さんも参加されたのだとか!!
マラソンが好きな方はぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか?(^^)